« 旧暦と暮らすⅡ | トップページ | 同級生 »

2006年3月 7日 (火)

蕎麦がき

 蕎麦と言えば、手打ち蕎麦が主流です。

挽きたて・打ちたて・茹でたての十割蕎麦が最高です。

とても旨い、蕎麦ができる十月末から蕎麦会と称して

飲み会が盛んになります。

でも「蕎麦がき」という食べ方があります。

ご存知だったでしょうか?

これがまた“んめ~の”です。

鍋に適量の湯を沸かし沸騰した状況を保ちながら

蕎麦粉を振り入れます。

木べらでよく混ぜながら練り上げます。これが“蕎麦がき”

別鍋に鶏肉、ごぼうでスープをつくり蕎麦がきを一口大に

スプーンで入れる。

長ネギや針しょうが等添える。

これは私の定番ですがそれぞれの食べ方があります。

今日の夕食は蕎麦がきでした。

是非、お試しあれ!!

画像が無いのが残念

針供養の行事はしなかったな・・・・・反省

|

« 旧暦と暮らすⅡ | トップページ | 同級生 »

コメント

蕎麦がきは、埼玉でも時折食べます。
しかし、熱湯で練り上げたものに醤油をちょい付け食べるのであって、鶏肉とゴボウの汁で食べるのは「んめ~の」でしょう。
写真は、無事ギリシャから帰えるのを待ちます。

投稿: 喜び組末席 | 2006年3月 7日 (火) 20時43分

蕎麦がきは、千葉でも食べますが、食べるのはうちくらいでしょう。
わが家では、個人の責任で練ります。
すなわち、一人一人のお椀に蕎麦粉を入れ、
それぞれに沸騰した湯を入れ、自分で練ります。
練り上がったら、このお椀に麺つゆ、お好みによりネギ・わさび等を入れて食べます。

投稿: じゅんねん | 2006年3月 8日 (水) 03時29分

隊長が料理をすることに感激しています

投稿: 江川 | 2006年3月 8日 (水) 18時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/54803/950073

この記事へのトラックバック一覧です: 蕎麦がき:

« 旧暦と暮らすⅡ | トップページ | 同級生 »