« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006年10月30日 (月)

九州尽くし

 ツルツルプルンの湯豆腐とD1000473

そして、九州に出張だった

同僚のAさんからからし明太子の

お土産をもらいました。

だから、我が家の晩御飯は九州尽くし、

これがんめ~のです。

ついつい、ごはんをいっぱい

食べてしまうのでした。

食べ過ぎにご注意ですがんめ~のですよ。

そう言えば常夜鍋も九州でしたね。

|

温泉湯豆腐

 九州佐賀県嬉野温泉に「温泉湯豆腐」という名物が

あるのですね。

温泉とうふと温泉豆腐用の調理水をいただきました。

①鍋に入れ豆腐、調理水を十分に浸るように入れます。

②強火にかけしばらくすると調理水が白濁します。

③白濁し始めたら中火にして野菜を入れる。

④調理水が完全に白濁し温泉豆腐の角がとれ表面が

 溶けたようになったら火を止める。

⑤ごまだれやポン酢等で食べる。スープもおいしい。

⑥残ったスープでごはん、うどんを入れておじやもよい

と食べ方レシピが入っていました。

今夜は、このんめ~のが我が家の晩御飯になります。

|

2006年10月28日 (土)

常夜鍋

 我が家の晩御飯は、常夜鍋、ブタシャブです。

常夜鍋との出会いは4年前GTで九州ツー大へ行ったときです。

熊本県小国町木魂館に宿泊、委員長のSさんと県職員のSさん、

そして私の三人です。夕食のテーブルには黒ブタの薄切りと

ほうれん草がいっぱい何だろうと驚いたのが初めての常夜鍋でした。

「こんなにほうれん草食べられないよね」と話しながら

食べたのを思い出します。それがポン酢に大根おろしのたれで

さっぱりおいしくて、おかわりしたんですよ。

それから常夜鍋の大ファンです。

友人や職場の同僚と何回も鍋パーティをしたのでした。

本来は鍋に日本酒を入れ(我が家は水)にんにくの薄切りを入れ

豚肉、ほうれん草をシャブシャブするのです。

是非、お試しください。本当にんめ~のです

湯気でいい写真が撮れません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月27日 (金)

日ハムファイターズ日本一に乾杯

 日ハムファイターズ日本一に乾杯です。

祝・祝・祝・優勝!!

30年余り前、学生のころ後楽園球場に

野球を観に行っていました。

東映、日拓ホーム、そして日ハムに

巨人の全盛期、何で日ハムなのと言われながら

行っていたのでした。

今でもチケットの半券スクラップ持っています。

私は日ハムファンだったのです。

優勝おめでとう!!

|

2006年10月26日 (木)

全国GT新潟大会

 10月26日から28日まで新潟県内で全国グリーン・ツーリズム

ネットワーク新潟大会が開催されています。

新潟県内7地区で分科会があり、阿賀町の分科会に

会津坂下町GT促進委員会前委員長Sさんが

パネリストとして参加しました。D1000472

 陶芸人とKOMEHOUSEは

急遽日帰りで参加したのでした。

夕方には、分科会の

資料が手元に届きました。

グリーン・ツーリズムのビジネス化と地域戦略における

行政と地域の役割~~地域循環型の起業化をどう図るか~~

がテーマ、GT交流事業、地域が何を目指しているのか

しっかりビジョン持たなくてはなりませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

メタボリックシンドロームな梨

 果物がおいしい季節。

仕事の帰り、行きつけの喫茶店

梨をご馳走になりました。

一切れがあまり大きいので品種を聞くと

わかんないけどこれだよと梨がカウンターに

見てびっくりデカイ!!D1000470

でも、味も食感もいいんです。

んめ~のです。

写真はりんごとの比較と

横にして、メタボリックな

お腹のよう、食べ過ぎにD1000471

要注意ですね。

そうそう、品種わかる方

教えてください。

|

2006年10月25日 (水)

枳殻の実

 枳殻(カラタチ)の実を焼酎漬けにしたものを

いただきました。

私は果実酒といえば、梅酒しか作ったことが

ありませんね。

カラタチと聞くと島倉千代子の歌ぐらいしか

思い浮かばないのですが実物を見たことが

無いような気がします。D1000469

花が咲いているときに

是非、見てみたいものです。

友人によると、効能があるらしいとのこと

ネットで調べなければなりませんね。

仕上がるのが楽しみです。

んめ~のになりますように

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月24日 (火)

只見線の旅

 只見線に乗るのは何年振りでしょうか?

会津坂本駅8:41発、只見線の旅の始まりです。

陶芸人とネッカ君は車でエスコート、併走したり

駅に先回りして撮影したり、サプライズに汽車の中も

大盛り上がりです。ただ汽車に乗っているだけなんですが

なんか楽しい30分、汽車の旅でした。D1000467

宮下駅にはゴリラ隊長がお出迎え、

手わっさ祭りで大工さんの技を

見学したり奥会津書房でお話を

伺ったり、編み組み工芸展を

見学と盛りだくさんのプログラム、

会津地鶏の昼食後

第一鉄橋の撮影会、秋晴れのお天気に汽車の通過

D1000463 待ち30分の気持ち良いこと最高でした。

産地へ行こうの参加者の皆さんも

楽しんでいただけたでしょうか。

|

2006年10月21日 (土)

産地へ行こう「会津物語」

 10月20日~22日、2泊3日の予定で首都圏からのお客様が

会津坂下町を訪れています。

21人は上野発午前8時の大型バスでおいでになりました。

午後2時の到着予定は、大幅に早まり12時30分です。

さて、どういたしましょう?

隣町の柳津虚空蔵尊参拝、帰りは名物粟饅頭のプレゼントで

時間調整。プログラムの開始と相成りました。

「写真撮影講習」「そば打ち体験」D1000439

Oそば工房名人がこの日のために

大急ぎで新そばを準備してくれました。

んめ~のに大満足

映像は名人が打った新そば

「交流会」「入浴」と順調に一日目が終了したのは

午後7時30分。皆さん農家民泊初体験、

楽しんでいただけるでしょうか。

今日は、「レンズを通してみる会津坂下」写真撮影会です。

そして、最終日は只見線に乗ります。

| | トラックバック (0)

2006年10月19日 (木)

キムチ鍋

 今日の夕食はデカどらちゃんのリクエストに

お答えしてキムチ鍋!!D1000434

秋も深まり、里は稲の収穫作業も終盤戦

朝夕の冷気に鍋物の

恋しい季節なのですね。

白菜・もやし・ニラ・えのき茸

豆腐・豚挽き肉・たっぷり

キムチ漬も入れて熱々キムチ鍋の

出来上がりんめ~のです。

|

2006年10月16日 (月)

今日の汽車

 今日は農産物加工セミナーの

講師を迎えに会津若松駅へ

ところが、汽車は沿線火災のため

磐梯熱海駅に停車との連絡

今日もアクシデントのスタートでしたが

ほどなく、汽車は動いたので一安心

30分遅れの到着でした。D1000433

待ち時間にホームに停車中の汽車撮影

桃色と紫と緑色の車両連結なんて

始めて見ました。

ホームに入ってもっとよく撮ればよかったな

あれ、私もタイヘン隊の仲間入り?

決してそう言うわけではありませんから・・・

|

2006年10月15日 (日)

ふるさと回帰フェア

 13日~14日と東京大手町で開催された

ふるさと回帰フェアに参加しました。

全国101の自治体が是非わが町へと

プレゼンしたり、相談コーナーに対応したり

グリーン・ツーリズムのPRをしたり、ふるさと物産販売と

盛りだくさんのプログラム

でも都市住民の大半は無料配布のお米や秋刀魚の

塩焼きに殺到。これで良いのかな・・・

地方もビジョンをしっかり持ってと実感した次第です。

| | トラックバック (0)

ネーミング

 商品開発にネーミングやパッケージが

とても重要だといいます。

もちろん、商品自体がよいことは

言うまでもありません。

ふるさと回帰フェアに参加していただいた

Oさんがご友人からもらったとD1000432

ワンカップ日本酒・・・・・

その名前「ひまつぶし」

ネーミングやパッケージで

つい買ってしまうことって

ありますよね!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月14日 (土)

会津ナンバー

 10月10日からご当地ナンバーの交付がD1000431

始まり、全国17地域の新ナンバーが

お目見えしたそうです。

会津ナンバーもその中のひとつ

走る広告塔、地域PRの一役を

担うのでしょうか?

映像は始めて見た会津ナンバーです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月13日 (金)

フラガール

 先日、観た映画のタイトルです。D1000430

タイトルからはハワイアンの明るい

イメージを受けますが涙無しには

観られません。

昭和40年エネルギー革命により

閉鎖が迫る炭鉱町(福島県いわき市)

常磐炭鉱が舞台です。

北国を常夏の楽園へという起死回生の

プロジェクトが持ち上がります。

常磐ハワイアンセンターです。

今で言えばディズニーランドのような

テーマパークですがその裏にある

物語は壮絶・・・

是非ご覧ください。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2006年10月12日 (木)

トラブル続きのパソコン

 最近、愛用のパソコンはトラブル続きです。

リアルタイムでブログアップができなくて

私も・・・

今回は我が家のネコさんを抱こうとしたら

水の入ったコップを倒して逃げたのです。

どうなったかはご想像にお任せします。

大急ぎで水をふき取ったのですが

画面内部に入道雲のようなしみが

できたのです。

機能は大丈夫のようでしたが

どうしても気になる。

タイヘンタイ、ネッカ君に修理依頼

本当にいやになってしまいます。

10月の三連休は、会津若松市

アネッサクラブ10周年記念講演会

に行ったり、映画「フラガール」を観たり

いろいろあったのにな・・・

これから書くことにいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006年10月 6日 (金)

中秋の名月

 今日は中秋、十五夜ですが

あいにくの雨でお月見というわけには

いきません。

いつもの年は9月中なのですが

今年は閏文月があったので

遅くなったのです。

そして、今日はデカドラちゃんの誕生日!!

満月のようなケーキを準備しました。

中秋の名月です。

猪苗代ビルゴの洋梨タルトD1000428_2

あま~~い・んめ~~の

です。

ここのところ毎日・毎日、

旨い続き

何か気になるメタボリック・・・

でも食欲が勝っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

けんちんうどん

 10月5日、郡山に出張でした。

定住・二地域居住拡大プロジェクト研修です。

午後1時からの研修

昼食は、R49中山峠「鞍手茶屋」のけんちんうどん

ごん太のうどんにざく切りの野菜たっぷりD1000429

んめ~~~のです。

大満足で研修会場へ、

眠くならないことを

祈りつつ・・・・・

「UDON」という映画観ました。

面白かったですよ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月 4日 (水)

おでん・シチューがおいしい季節

 秋も深まり、もうすぐ中秋の名月です。

朝夕の涼しさにおでんやシチュー、鍋物が

食卓を飾ることが多くなりました。

我が家もここのところ、すき焼き、おでん、肉じゃが

ビーフシチューと夕食が秋冬バージョン

これがまた、んめ~のです。

食欲の・・・です。

職場ではメタボリックシンドローム症候群が

話題なんですよね。

職業なんだっけ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月 3日 (火)

亀の尾稲刈り

 9月30日(土)D1000427

 記事が後先になってしまいました。

実は、書いたのに保存しないで次に

いってしまったのです。

情けない・・・・・D1000425

何日分も一挙に書くのはだめですね。

そんなことはさておき、気を取り直して

亀の尾稲刈りです。このイベントも

恒例になりましたがD1000418

今回はいつもより少ない

40名余りの参加者です。

でも、手馴れたもの見る見る

稲刈りは進みます。

いざというときのために準備されたD1000419

バインダーも出番無し

刈り取った稲は「ホニ掛け」に

されて自然乾燥です。

脱穀されて精米されて酒が仕込まれて

2月の新酒の会が待ちどうしいね。

午後は、しいたけ狩りや陶器の絵付け

楽しんでいただけたでしょうか   

D1000416D1000415D1000414

| | コメント (0) | トラックバック (0)

只見線の旅

10月1日(日)

 亀の尾の稲刈りに参加したじゅんねんさんとカマキリさん

会津坂下駅から只見線に乗車13:45発とのメールは

陶芸人からの情報

たまたま、柳津にいた私は

会津坂本駅で汽車の通過を

見送るため待機

ホームで手を振っている私がいるだけで

そんなにうれしいものなのかな?

お二人も陶芸人の次男も楽しそう

只見線、いいかもね

私の写真、シャッターチャンス逃してD1000413

汽車の先頭だけ、情けない

|

粟の里

D1000399  9月28日(木)

今年、町内の農家13軒が雑穀の

作付けに取り組んでいます。

作付け農家の方々が

農家レストラン「粟の里」で雑穀料理講習会!!

高きびやもち粟、もちきびを素材にしたお料理を試食

初めて食べた方も・・・

高きびごはん・あわごはん・高きびカレー・高きびコロッケ

大根のそぼろ煮・いきなり団子etc

お料理写真撮るのを忘れてしまいました。

健康志向の皆さんに雑穀買っていただけるかな?D1000398

学校給食にも使ってほしいとお願いしています。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »