« 休日の仕事 | トップページ | 原発事故「レベル7」に引き上げ »

2011年4月13日 (水)

公衆電話からの電話・頻発余震

公衆電話からの電話着信がありました。

12時45分のこと。

私はホウレン草運搬に一生懸命の時でしたので、

まったく気付かずにいたのでした。

最近は公衆電話からの着信なんて受けたことが

無かったので、ちょっと驚き!!

よく確認したら、東京のNさんでした。

本日、携帯電話を忘れて外出したこと、

東北新幹線が動いていないので、新潟経由で

レンタカーで会津入りしているとのこと、

会いたいとのことなど留守電が入っていました。

こんな非常時に、携帯電話忘れて会津入りとは・・・

Nさんは、NPO法人ETICYさんと

ご一緒に被災地支援の会議のついでに

陣中見舞いに来てくれたのでした。

やますけにも会い、半壊した店舗も見学、

その後、分校の救援物資基地見学中、午後5時16分

大きな余震あり震度5弱、大慌てで新潟へ・・・

Nさんはどうしただろうか?

余震はその後も頻発し不安な夜になりました。

今日は4月11日、ちょうど1ヶ月目の

頻発余震、どうなるのだろうか??

|

« 休日の仕事 | トップページ | 原発事故「レベル7」に引き上げ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/54803/39591386

この記事へのトラックバック一覧です: 公衆電話からの電話・頻発余震:

« 休日の仕事 | トップページ | 原発事故「レベル7」に引き上げ »