« 東北ツーリズム大学東松島キャンパス | トップページ | 森林活動視察研修 »

2011年11月19日 (土)

南三陸町を訪ねて

11月13日

南三陸町に行きました。

Dscf0875 Dscf0877

3月11日の東日本大震災の時、町の防災

無線で最後まで町民の方々に非難を呼びかけて

亡くなられた町職員のご家族を訪ねたのでした。

里山のアトリエ坂本分校の彫刻家Iさんが

作製した彼女のレリーフをご家族に手渡すため、

事前にお話するのが目的です。

町は壊滅状態、テレビでは見ていたけれど、

根こそぎ町がありません。

あるのは瓦礫の山とむき出しになったの

鉄骨の建物、津波のすさまじさが実感できます。

呆然としてしまいます。

Dscf0876 Dscf0878

原爆が投下された広島や長崎と同じです。

誰に聞いたらわかるのか?と思っていると

何とプレハブで海苔とひじきを売っている

女性2人に尋ねて、何とかお宅を訪ねることが

出来ました。

お母さんとおばあちゃんにお会いし

快く受け入れていただき、ご霊前にお線香を

手向けることが出来ました。

遺影がレリーフと全く同じだったことに驚き、

再訪をお約束しての帰宅となりました。

23日にまた行きます。

|

« 東北ツーリズム大学東松島キャンパス | トップページ | 森林活動視察研修 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/54803/43064742

この記事へのトラックバック一覧です: 南三陸町を訪ねて:

« 東北ツーリズム大学東松島キャンパス | トップページ | 森林活動視察研修 »